異臭を放つ「ワキガ」をどう防げばいいのか

においに過剰に反応しない

最近は「におい」に非常に敏感になっているような風潮があります。

特に「体臭」に関しては、さまざまな制汗剤を売られていたりにおいを抑える石鹸や薬剤の人気があったりします。

中年男性は「加齢臭」などといわれ、若い女性のみならず、家族からさえも疎ましがられるほどです。

しかし、人間にはもともと生き物が持つ匂いがあり、匂いの多少の差こそあれ完全に無臭という人は存在しません。

もちろん何日も風呂に入らないせいで身体が臭うなどは論外ですが、普通に生活している中で発生する体臭についてはあまり気にする必要はないように思います。

むしろ現代社会のにおいに対する反応は、過剰気味といえるでしょう。

とはいえ、ワキガの臭いに悩む人にとって体臭は非常に切実な問題に違いありません。

一般的な汗のにおいとワキガの臭いは原因が同じものと思っている人も多いようです。

ところが、この2つは別物なのです。

一般的な汗の成分はほとんどが無色透明で無臭の水分ですが、肌に存在する雑菌がこの水分の中で繁殖することで匂いの元となるのです。

ワキガはこの汗とは別の汗腺から分泌され、その時点でタンパク質や脂質、アンモニアなどが含まれています。

もともと匂いがある液体に、肌の雑菌のせいでさらなる臭いが発生されるというわけなのです。

ワキガは不潔にしているから臭うのではなく、体質が要因です。

ワキガがあることはいけないことではありませんが、やはりエチケットとして何らかの対策を行なった方が好ましいといえるでしょう。

 

腋の毛を抜くのはNG

ワキガの臭い対策として、腋毛を処理するのは有効です。

腋の下は通常閉じていますから、どうしても空気がこもりやすくなりがちです。

そのため、汗をかきやすい上に乾燥しにくくなります。

腋毛がなくなれば汗をかきにくくなり且つ乾燥が容易になるだけでなく、ワキガ特有の嫌な臭いが発散されやすくなるので一石三鳥というわけなのです。

腋毛の処理方法といってもいろいろあります。

最も一般的なのが、安全かみそりを使って腋毛を剃ることでしょう。

この際注意するのが、切れやすいかみそりを使うことです。

切れやすければ手が滑った場合などに危ないのでは…と感じる人もいるかもしれませんが、切れにくいかみそりでは要らない力が入ったりして却って危険なのです。

ローションや石鹸などを使ってスムーズに刺激を与えないようにして剃ると、案外簡単に肌を傷つけることなく剃れるものです。

他にもエステなどで脱毛処理をするのもいいでしょうが、自分で毛を抜くことだけはやめましょう。

毛抜きなどを使って抜く人も少なくないようですが、毛穴が目立ちやすくなってしまうことが考えられます。

さらに、毛根が傷付いて出血したり、そこから雑菌が入り込んで炎症を起こす場合もあります。

場合によってはワキガを悪化させる危険性もあります。

毛を抜く際の刺激でワキガの原因であるアポクリン腺が刺激され、アポクリン汗の分泌が増えてしまうかもしれないからです。

ワキガを抑えるつもりで行ったことが、却って悪化させてしまうこともあるというわけなのです。

 

 

腋毛を剃るとどうなる?

ワキガの臭いを改善させるために、腋の毛を剃るのもひとつの方法です。

通常腋は閉じているために空気がこもりやすく、汗の蒸発も上手くいきにくいものです。

ワキガは腋の下や乳輪、陰部など特定の場所にあるアポクリン汗腺というところから分泌される汗が原因です。

一般的な汗は無色透明で且つ無臭なのですが、身体に存在する雑菌が繁殖することで臭いを発するようになるのです。

一方アポクリン汗腺から分泌される汗にはタンパク質や脂質、アンモニアなどが含まれ最初から臭いを持っている上に空気がこもりやすい環境なので、より雑菌が繁殖してしまうのです。

腋毛があると、それらの環境はさらに悪化してしまうということとなります。

さらに風呂に入って腋の下を洗ったつもりでも、腋毛のせいで地肌まできれいに洗えていなかったり、水分がしっかり拭き取れていなければまたすぐに雑菌が繁殖してしまいます。

したがって、腋毛を剃ればこのような状況は改善されます。

熱がこもりにくくなるので汗をかきにくくなりますし、かいた汗も乾燥しやすくなります。

また、かいた汗も制汗シートで拭き取りやすくなるのもメリットです。

腋毛を剃ってもワキガの症状がなくなるわけではありませんが、少しでも臭いが収まるのでやってみる価値はあるかと思います。

ただ根本的に治したいというのであれば、手術を行なうことオススメします。

 

 

ワキガは遺伝する?

ワキガは不潔にしているのが原因と思っている人も少なくないようですが、実は体質なのです。

したがって、高確率で親から遺伝する可能性があります。

遺伝には2つの種類があり、ひとつが「優性遺伝」、もうひとつが「劣性遺伝」です。

この場合の「優性」や「劣勢」というのは「優れている」とか「劣っている」という意味ではなく、親から子へ受け継がれやすいか否かという意味です。

優性遺伝は受け継がれやすい遺伝なので、両親の一方が遺伝子を持っていれば子供にその情報が引き継がれるのですが、劣性遺伝の場合は両親共の遺伝子が揃わなければ遺伝することはありません。

ワキガの遺伝子は優性遺伝です。

つまり父親か母親かどちらかがワキガを持っていると半数が、両親ともにワキガであれば子供は80パーセントの割合でワキガになる可能性があるのです。

ただし、最近では両親が二人ともワキガではないのに子供がワキガを発症する例がしばしば見られるようです。

この原因として考えられるのは、日常のストレスや生活習慣、また食生活などが挙げられます。

 

薬用石鹸で汗ばんだ臭いを対処

 

ワキガと一般的な汗の臭いは別のものですが、いずれも汗をかいたら放っておくと臭いを放つようになるのは同じです。

一般的な汗はエクリン腺という汗腺から分泌され、それ自体はほとんど水分で透明・無臭ですが、放っておいて時間が経つと皮膚に存在する雑菌のせいで臭いを持つようになるのです。

一方ワキガが分泌されるのはアポクリン腺という汗腺で、その液体の中にはタンパク質や脂質、アンモニアなどが含まれていることで最初から臭うのですが、もちろんこちらも放っておくとさらに臭いは増してしまいます。

エクリン腺が全身のあらゆるところに張り巡らされているのに比べ、アポクリン腺は腋の下や乳輪、陰部など特定の部分にしかありません。

したがって、このアポクリン腺から分泌される汗をなくせばワキガはなくなるというわけです。

けれども、汗の分泌を止めることはできませんよね。

ですから、汗をかいたならこまめにふき取るという対応が有効になるのです。

また菌の繁殖を抑える薬用石鹸などは、ワキガに限らず汗の臭いを押さえるには効果的といえるでしょう。

ただし、洗浄力が強い分、肌の弱い人には合わないこともあるので注意が必要です。

ワキガの臭いは強烈ですが、案外本人は慣れてしまって気付いていないこともあるようです。

自覚せずに廻りの人に臭いを撒き散らしているのはお互いに迷惑なことですから、身近な人が指摘してあげるようにするほうがいいでしょう。

 

【PRサイト】 精力剤 カード現金化 育毛剤

Copyright(c) フェニックスガレゴ4 All Rights Reserved.